賃貸管理業者に任せれば手間を大幅にカットできる

女の人

目的は様々です

アパート

投資用マンションが活用されている場面は様々です。定年後の生活にゆとりを持たせたいと考えて始める人もいれば、自分に万が一のことがあっても家族に安定的な収入を残しておきたいという人もいます。また、相続税を節税するためや、遺産分割を円滑に進めるために投資用マンションを保有する人もいます。特に平成27年1月に相続税法の改正が行われてから、相続税の節税対策として投資用マンションを活用する人が増えてきました。投資用マンションを保有する目的は人それぞれですが、気を付けなければならないことは、資産価値のある投資用マンションを保有するということです。資産価値のある投資用マンションと言えるためには、3つの条件を満たす必要があります。1つは安定的かつ継続的な収入が確保できることです。つまり、空室になりにくく、かつ、空室になっても次の入居者がすぐに埋まるような投資用マンションを言います。2つ目の条件は流動性が高いことです。いざという時に現金に替えられるようにしておくことで、投資環境の変化にも対応できますし、遺産分割の対象資産としても重宝されます。3つ目の条件は元本が確保される物件であるということです。つまり、購入価格と同等かそれ以上の価格で常に売買されているということです。これらの条件を満たす物件は、簡単に見つかるものではありません。しかし、必ず情報が出てきますので、じっくりと腰を据えて探し続けてみましょう。